副業として人気のチャットレディ。
チャットレディを募集しているサイトの中でも、特に高い人気を誇っているのが、稼ぎやすいと評判の「ガールズチャット」です。

 

でも、稼ぎやすいサイトだからこそ注意しなくてはいけない人も…。
それは「確定申告をせずに扶養の範囲内」で働きたい!という女性です。

 

実は、ガールズチャットで稼ぎすぎてしまうと上記の希望を叶えられなくなってしまうんです!
確定申告が必要になったり、扶養の範囲を越えてしまうと、自分で手続きをしなくてはいけなくなったり家族にバレてしまうでしょう。
確定申告は面倒だと思う人も少なくありませんし、チャットレディをしている事は家族に秘密という女性も多いはずです。

 

そこで確定申告不要!扶養の範囲内で働く方法を紹介します。

 

そもそも確定申告って?

 

「そもそも確定申告ってなに?」
「何の為にするものなの?」
そんな人も多いんじゃないでしょうか。
決まった時期になると、テレビでも確定申告を促すCMが流れますから、その言葉だけは知っているかもしれません。

 

確定申告は、簡単にいうと収入がある人が支払うべき税額を決定する為に行われる手続きのことです。
一定の収入があると、その収入に対して所得税が発生します。
そしてその税額は、所得によって変わってくるんですね。
その税額を決定する為に、自分の1年間の収入を国に報告しなければいけないんです。
それが「確定申告」となります。

 

チャットレディは自分で確定申告をしなければいけない!

 

会社員などの給与所得者の場合、そのほとんどは手続きを会社が行ってくれるので、自分でするべきことは殆んどありません。

 

でも、チャットレディの場合は別です。
ガールズチャットに登録をして仕事をしている場合でも、チャットレディは一人一人が個人事業主となります。
つまりガールズチャットに雇われて、給与収入を得ている訳ではないんですね。

 

だから確定申告が必要な場合は、自分で手続きをしなくてはいけないんです!(税理士さんにお願いする方法もありますが、当然費用が発生します)

 

確定申告をしない為には?

 

確定申告は、収入がある人が行う必要があると述べましたね。
でも、収入があっても申告の必要がない金額があります。
また、チャットレディが本業なのか副業なのかによっても金額は違ってくるので注意しなければいけません。

 

【チャットレディ以外に収入がない】

 

専業主婦や学生、また本業でチャットレディをしていて、その他に収入がない場合は年間『38万円』までチャットレディの報酬を受け取っても確定申告は必要ありません。

 

この38万円は、経費を引いた報酬額です。
チャットレディなら、仕事に必要な分のネット代やメイク衣装代などを経費として差し引くことが出来るでしょう。

 

【給与収入が他にある場合】

 

会社員やパート、アルバイトをしていて副業としてチャットレディをしているなら、年間のチャットレディの報酬が『20万円』以下なら確定申告は不要です。
もちろんこれも経費を差し引いた金額になります。

 

つまり、チャットレディだけをしている人は確定申告をしない為には『38万円』以下、他にも収入があり副業としてチャットレディをしているなら『20万円』以下に報酬を抑えなくてはいけないということです。

 

ガールズチャットで扶養内で働くには?

 

チャットレディの報酬しかない場合は、年間『38万円』を超えると確定申告だけではなく、扶養も抜けなくてはいけません。

 

また、正社員やパートとして働いていており、副収入としてチャットレディの報酬がある場合は年間の合計所得が『38万円』を超えると扶養の対象外となります。
年間の合計所得とは、給与所得(パートなどの所得)+事業所得(チャットレディの報酬)の合計のことです。

 

給与所得は給与収入(総支給額)から給与所得控除額をひいたものです。
また給与所得控除額は、収入により計算式が異なりますが、計算式により出た額が65万円に満たない場合でも控除額は65万円となります。
(ちなみに給与年収が180万円以下ならその40%が控除されます。)
つまり最低でも給与収入から65万円以上は控除されるということですね。

 

例えをあげてみると、給与年収が80万円の場合、80万×40%=32万円となり65万円に満たないので給与所得控除は65万円が適用されます。
そのため給与所得は80万円−65万円で15万円ですね。
合計所得が38万円以下なら扶養の範囲内に収まることになります。

 

ですから、38万円−15万円=23万円。
チャットレディでは経費を差し引いて23万円までなら稼いでも大丈夫ということになります。

 

確定申告なし!扶養範囲内!で働く為には

 

注意をしたいのは、確定申告が不要な金額と扶養の範囲に収まる金額も違うということです。

 

上記の例の通り、年収80万円をパートで稼いでいる兼業主婦はチャットレディで経費を引いて23万円までなら、扶養に入る事が出来ます。
ただし、副業としてチャットレディをしている場合、確定申告が必要になるのはいくらからだったでしょうか。

 

そう、副業の場合はチャットレディの報酬が20万円を超えると確定申告をしなくてはいけません。

 

そのため「確定申告不要・扶養の範囲内で働く」には…

 

【チャットレディ以外に収入なし】

 

経費を引いたチャットレディの報酬額が38万円以下におさえましょう。
これなら確定申告も必要ありませんし、扶養からはずれることもありません。

 

【パートなどで給与収入がある場合】

 

年間の合計所得を38万円以下、なおかつ経費を引いたチャットレディの報酬を20万円以下に抑える必要があります。
合計所得とは給与所得+事業所得者。

 

もっと詳しく説明すると(給与収入−給与所得控除額)+経費を引いたチャットレディの報酬額のことです。

 

ガールズチャットで確定申告もせず、扶養の範囲内で稼ぎたいなら、上記を参考にしてみてくださいね。
稼ぎやすいだけに、パートやバイトをしていてこの条件を満たすには、ガールズチャットではかなりセーブして仕事をしなくてはいけないかもしれません…。

 

 

 

ガールズチャット確定申告